KANEYOSHI

社員インタビュー

Interview

入社の動機

01
ケーキショップで5年間パティシエの修業をした後、経営やマネジメントのスキルを身につけるためコンビニやカフェの店長に転職しました。将来もこのままでいいのかと揺らいでいた頃、たまたまネットで当社のオリジナル商品「ICE OSHIBORIN(アイスオシボリン)」を発見。他にも柄付きのおしぼりなどがあり、「こんな商品があるんだ!」と衝撃を受けました。今までの仕事は商品を「納品される側」「セールスされる側」でしたが、今度は自分が「納品する側」「セールスする側」として働いてみたい。仕事を通して自分の可能性を広げ、ステップアップしたいと思ったのが、入社のきっかけでした。
それに加えて、もともと私はカフェ巡りや食べ歩きが好き。一般客ではなかなか見ることのできない厨房を見られたり、スタッフの方と話せたりするところにも楽しみや魅力を感じました。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

現在の仕事内容

02 現在の仕事内容
現在の仕事内容

おしぼりやペーパータオル、トイレットペーパーといった消耗品のセールス・納品をしています。私の担当は四条烏丸をメインに西院から祇園まで、京都市内でも激戦区とされているエリア。多くは飲食店ですが、福祉施設や医療施設など、さまざまな場所が対象となります。セールスでは、既存のお客様の店舗がご繁盛するよう、新たな商品を提案。会話の中からお客様が気にされているところを察知し、お店の様子から私自身が気づいたところなどもお伝えして、より良い空間づくりにつながる商品をご紹介しています。また、新規のお客様の開拓のため飛び込みで訪問することもあります。車には名刺とカタログをいっぱい積んで、新しくオープンしたお店を見つけたら「とにかく見てください!」とご挨拶。運転しながらも常にアンテナ張って、新たな出会いのチャンスを探しています。

私のやりがい

私のやりがい

03

入社して1年も経っていないのですが、仕事のやりがいや喜びはいっぱいあります。おすすめした商品をスポンジ1個でも購入いただいた時、飛び込みで当社の商品を紹介したら「知らんかった!」と言って喜んでもらえた時。一つひとつの反応や手応えがとても嬉しく、日々やりがいを感じています。当社の強みのひとつが、商品数やバリエーションの豊富さ。お客様のニーズに応えられる商品が多彩にそろっているので、売りがい、おすすめしがいがあります。特に自社で開発したプライベートブランドの商品は、デザインや品質などから自信を持って提案できます。目標は、お客様が困った時、「大野に言ったらなんとかしてくれる」と思ってもらえる存在になること。飲食店などで働いてきた経験を存分に生かせる仕事なので、それを自分の強みとしてお客様や店舗の心強いサポーターになっていきたいです。

みらいの仲間へ

みらいの仲間へ

商品を納品するだけなら運送業者と同じ。ルートセールスは、既存の店舗と信頼関係を作りながら、新しいお取引先を開拓していくことも重要な仕事です。そこが難しいところである一方、自分で考えて行動したことが、確かな手応えとして返ってくる楽しさや面白さがあります。最初は緊張するかと思いますが、先輩のみなさんは優しくて、わからないことはすぐ教えてくださいます。一人ひとりの日頃の仕事ぶりもしっかり見ていてくださり、実績を評価して給与に反映させる明確な仕組みがあります。頑張るほどモチベーションがアップし、働きがいのある職場だと感じています。

みらいの仲間へ